2016年 02月 11日
第33回全日本カーリング選手権,予選の結果
d0006690_1139686.jpg【追加】
富士急とあおもりユースのタイブレークは,7ー5で富士急が制し,プレーオフ進出を決めました。

カーリング日本選手権の予選のラウンドロビン(総当たり)が終わりました。なお,プレーオフは以下のように行われます。
   ① 1位と2位
   ② 3位と4位
   ③ ①の敗者と②の勝者・・・準決勝
   ④ ①の勝者と③の勝者・・・決勝
   ⑤ ③の敗者と②の敗者・・・3位決定戦

【女 子】
昨年度チャンピオンの北海道銀行が終始安定した試合運びで8戦全勝の1位で予選通過です。2位は昨秋のパシフィック・アジア選手権を制したLS北見でしたが,やや安定さと正確さに欠けていたように思われます。昨年3位の富士急(昨年のチーム名はチームフジヤマ)は3連敗のあとタイブレークになんとかもちこみました。昨年4位のヒト・コミュニケーションズは安定性にかけました。

4位は富士急とあおもりユースがともに4勝4敗で,直接対決では富士急が勝っていますが,プレーオフ進出が絡む時は必ずタイブレークで順位を決めます。6位と7位は直接対決によります。

【男 子】
現在3連覇中のSC軽井沢が全試合をコンシードで勝利し,圧倒的な強さを見せ,史上初の4連覇に向けて大きく前進しました。2位のチーム東京は昨年はタイブレークで敗れて5位でフレーオフ進出を逃しています。3位のチーム萩原は昨年の8位からの前進です。なお,4位の札幌は昨年の準優勝チームです。3位と4位,5位と6位は直接対決の結果によります。
d0006690_16421257.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-02-11 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/22869367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< プレーオフ・速報,カーリング日...      カーリング日本選手権・速報 >>