2016年 01月 07日
「接近」というには遠すぎました,月と金星
d0006690_6382679.jpg今朝の日の出前に月が金星と土星に接近すると言うので楽しみにしていました。

5時過ぎに外に出てみましたが,月を見ることはできませんでした。大晦日の深夜には月が木星に接近しましたが,生憎の曇り空で見ることができませんでした。今朝もダメかと思いましたが,念のために6時過ぎにもう一度出て見ました。

束の間の晴れだったのでしょうか,月は出ていました。この10日が旧暦12月1日(新月)ですから,新月の3日前の細い細い月です。金星も月の右下に見えました。ただ「接近」と言うには少し遠すぎたのが残念でした。金星の下に土星があるはずですが,これは見ることができませんでした,

次は2月6日です。日の出30分前(6時20分頃)の南東に,きょうと同じ新月3日前の細い月の下に金星,その金星の左下に水星が見えるとのことです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-01-07 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/22747700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by いっぱい道草 at 2016-01-08 16:52 x
7日の朝の接近はきれいでした。見とれました。
細い月に金星の組み合わせはいいですね。
思えば月と金星が接近する時は、
月は必ず細くなるわけですよね。
金星は太陽からあまり離れないし、
月は太陽に近づくと細くなるから当然のことですが・・・
今頃”はた”と思いました。
今朝の月も細くて可憐でよかったです。
Commented by gakis-room at 2016-01-08 21:38
いっぱい道草さん,
そうですね,
細い月もいいもんだと,私も思いました。
月自体がいいのかなとも思います。


<< 冬将軍は来ないらしい      きょうから 小寒ですが・・・ >>