2015年 12月 16日
シャコバサボテン
d0006690_1628328.jpgシャコバサボテン サボテン科 シュルンベルゲラ属

つながって伸びていく葉(正確には茎節)の形が寿司ダネに使われる甲殻類のシャコ(蝦蛄)に似ているところからの命名のようです。

ブラジル原産ですが,デンマークで品種改良された大輪で花付きの良い品種群はデンマーク・カクタスとも呼ばれています。また,クリスマスの頃に花を咲かせるのでクリスマス・カクタスとも呼ばれています。

シャコバサボテンはこれまでに何度が見たことがありますが,このような大きな花を咲かせているのを見るのは初めてです。これはデンマーク・カクタスでしょうか。

d0006690_1631571.jpg花径は4〜5センチほどです。

花の色は桃色の他に白色,赤色,橙色があるようです。

なお,似たような花をつけるカニバサボテンがありますが,葉(茎節)にはギザギザがありません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-12-16 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/22663316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< きょうから4日間はカーリングです      返り咲き? 早咲き?,ホトケノ... >>