2015年 12月 13日
ハナイチゲ(花一華),アネモネの和名です
d0006690_15113055.jpgハナイチゲ・セントブリジット キンポウゲ科 イチリンソウ属

ハナイチゲ,漢字では「花一華」,アネモネの和名です。初めて知りました。同属に「イチゲ」という花がありますが,イチゲ(一華)とは,アネモネ属の総称です。一本の花茎に一個だけ花を付けるところからのようです。「花一輪」といったところでしょうか。

その「イチゲ」に「花」を追加して「ハナイチゲ」,なんだか「花」の反復のようです。他にボタンイチゲ(牡丹一華),ベニバナオキナグサ(紅花翁草)の和名もあります。

そのハナイチゲのセントブリジット種です。最近出回り始めたそうです。

d0006690_1511516.jpg背丈は20センチ,花茎は5センチほどです。

アネモネと言えば春の花ですが,寒さに強いのでしょうか。かつて2月の初めに咲いているのを見たことがありましたが,この時期に,もう咲いていました,


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-12-13 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< メタセコイア並木道の紅葉      テレビ放送の概要,軽井沢国際カ... >>