2015年 12月 09日
ネリネ,ヒガンバナによく似ています
d0006690_16255996.jpgネリネ ヒガンバナ科 ネリネ属

ネリネと教えていただきました。ギリシア神話のミズの妖精ネリネに由来する命名です。花びらの表面の光り具合から,別名は「ダイアモンドリリー」です。

アフリカ南部の原産で,2本には大正時代に渡来したようです。

ヒガンバナによく似ていますが,同じヒガンバナ科でも属が違います。ヒガンバナはヒガンバナ属です。また,開花時期が2か月ほど遅いこと,開花の時に葉もでていることなどが違います。

背丈は30センチほどでした。

d0006690_16262185.jpg花茎は4〜5センチほどです。

主な花色は、ピンクのほかに白,紫,赤,オレンジ,スジ入りがあります。

花言葉は 「華やか」,「かわいい」ですが,見た目通りです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-12-09 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by korima at 2015-12-09 22:28 x
先日花屋で買いました。
名前がかわいいので覚えました!長持ちでした~
Commented by gakis-room at 2015-12-10 10:03
korimaさん,
部屋に飾られたのですね。
素敵です。


<< 秋の名残の雲      あかつきは金星をめざし,私は暁... >>