2015年 11月 23日
紅葉葉ゼラニウム
d0006690_13532955.jpgモミジバゼラニウム フウロソウ科 テンジクアオイ属

モミジバ(紅葉葉)ゼラニウムは,モミジのような暗赤色に黄緑色の覆輪のある葉の形からの命名です。1986年カナダのイアン・ギラム氏によって作出された「ゼラニウム」の園芸種です。

ゼラニウムの和名はテンジクアオイ(天竺葵)ですから,「ハナテンジクアオイ・ "バンクーバー・センテニアル"」,あるいは単に「バンクーバー・センテニアル」とも呼ばれているようです。「バンクーバー・センテニアル」とは「バンクーバー100周年記念」でしょうか。

背丈は30〜45センチほどです。

d0006690_13535380.jpgコリウスのようにカラーリーフとしても楽しめますが,花もちょっと面白い形をしています。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-11-23 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 奈良気象台の冬支度はまだか      返り咲きのスミレ >>