2015年 10月 15日
ツワブキの咲き方
d0006690_16442421.jpgツワブキ キク科 ツワブキ属

ツワブキの花を見るとなんとなく「冬が来た」と思ってしまうのはなぜなのでしょうか。それはともかくもツワブキの花の咲き方が面白いと思いました。

蕾です。固まってうつむき加減です。

d0006690_16413714.jpgまだうつむいていますが,茎が伸びて開花の準備です。蕾の間隔も少し広がりました。

d0006690_1647928.jpg開花です。蕾の下の茎も伸びて四方に広がっています。花が重ならないためかと思われます。

ツワブキは漢字では「石蕗」です。地方ごとの呼び名もたくさんあるようです。代表的な呼び名に「オカバス」「イシブキ」「イワブキ」「ツワ」「オバコ」などがあります。

島根県の津和野町は「ツワの生い茂る野」がその名の由来だそうです。町の花はもちろんツワブキです。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-10-15 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by tona at 2015-10-17 09:06 x
友人が長女さんを生んだときが元旦で、何でもツワブキがいっぱい咲いていたのだそうです。それを聞いてからツワブキは冬に咲くと認識しました。
が、秋から開花していますね。
Commented by gakis-room at 2015-10-17 16:37
tonaさん,
ツワブキを初めて知ったのが12月でしたから,
それで「冬が来た」と思ってしまいます。


<< 雲のないマジックアワー      10度で窓を開け,17度で閉め... >>