2015年 10月 14日
10度で窓を開け,17度で閉めるのはなぜなのでしょうか
d0006690_1729329.jpg朝,床から出ると居間の窓を開けます。朝の気温が何度であっても,今のところはそのまま夕方まで開け放しです。

たとえば今朝の場合,床から出た6時の気温は10.1度でしたが,いつものように窓を開け,そのまま夕方まで開けたたままでした。

夕方に「寒い」と感じて,窓を閉めたのは6時過ぎでしたが,6時の気温は17.5度でした。ふと思いました,朝と夕方とではずいぶんと温度が違うのに,この感覚の違いは何だろうかと。

午前6時  10.1度  窓を開ける
午後6時  17.5度  窓を閉める

今朝,気温が17度を超えたのは9時ころです。朝は寒さが気にならないのに,夕方は7度以上高くても「寒い」と思って窓を閉めてしまう,この違いは何故なのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-10-14 18:45 | つれづれに | Comments(2)
Commented by 高麗山 at 2015-10-14 23:05 x
gakisさん

 基本的な、基礎代謝量の相違だと思われます!
朝は、血圧も高く、夕は代謝も血圧も体温も、ある程度
下がります。。。
 老人特有の現象と看做して良いでしょう!!
Commented by gakis-room at 2015-10-15 06:48
高麗山さん,
老人特有の現象ですか。
と言うことは「自然」なんですね。


<< ツワブキの咲き方      きょうは旧暦9月1日,日の出は... >>