2015年 09月 18日
9月は日の暮れ方が一番早い
d0006690_12253259.jpgきょうの日の入り時刻は6時ちょうどです。奈良の日の入りが一番遅かったのは,夏至を挟んだ6月25日から7月4日の7時14分でしたから,1時間14分早くなったことになります。

今年は例年にない涼しい9月のせいか,まだ9月の中旬だというのに,すでにすっかり秋の感じです。朝晩は涼しいというより,肌寒く感じます。そして秋が深まるとともに日の入りが早くなって慌ただしい感じになってきます。

9月は月初めと月末の最高気温の差が1年で一番大きな月ですが,日の入り時刻の差も一番大きな月です。日の入りの時間差が一番大きな月,つまり一番暮れ方が早くなる月です。

グラフは,月毎の月初めと月末の日没時間の差です。単位は「分」です。わずか数分のことですが,9月は8月に比べて7分ほど暮れ方が早くなっています。ついで10月です。暮れ方が早い分だけ「秋の日はつるべ落とし」と感じるのかもしれません。

また,「秋の夜長」と言いますが,昼時間が一番短いのは12月19日から25日の9時間51分ですから,夜時間が一番長いのは冬至を挟んだこの頃です。しかし,「冬の夜長」とはいわないのは,日の暮れが急速に早くなっていくことからの感じかも知れません。
[PR]

by gakis-room | 2015-09-18 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/22186240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2015-09-19 19:52 x
なんでこんなに忙しないのか…と自分の鈍くささに
あきれてましたが
日暮れのスピードが速すぎるんですね~納得です。
Commented by gakis-room at 2015-09-20 05:16
korimaさん,
肌寒くなるのも加わりますからね。


<< きょうから5連休      口惜しいかな,馴染んだソフトが... >>