2015年 08月 14日
安倍首相の「70年談話」についてのとりあえずの感想
言っていることはきわめて常識的なのに,この空虚さは・・・。

・・・世界恐慌が発生し,欧米諸国が,植民地経済を巻き込んだ,経済のブロック化を進めると,日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め,外交的,経済的な行き詰まりを,力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは,その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。

・・・満州事変,そして国際連盟からの脱退。日本は,次第に,国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。

・・・自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を,この胸に刻み続けます。だからこそ,我が国は,いかなる紛争も,法の支配を尊重し,力の行使ではなく,平和的・外交的に解決すべきである。この原則を,これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。

・・・わが国は、先の大戦における行いについて,繰り返し,痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明してきました・・・こうした歴代内閣の立場は,今後も,揺るぎないものであります。


安倍首相の「70年談話」は,常識的な歴史認識を踏まえていたと言えましょう。「遠くない一時期に国策を誤り」とした村山談話よりも具体的でした。しかし,常識的ではありましたが,空虚でもありました。それはこれまでの彼の「侵略の定義」云々等の言動,あるいは現在進行中の「戦争法案」との整合性に欠けるからです。

そして,自民党内外の「他の欧米諸国も侵略をした」,「自衛のための戦争であった」,「日本はアジア解放のために戦争をした」云々,さらには「村山談話は反日」は誤りであると即座に断言しない限り,空虚さはより大きくなりそうです。

ひとつ気になる部分がありました。

「日露戦争は,植民地支配のもとにあった,多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました」

「70年談話」のなかで歴史修正主義者がうなずく部分です。日露戦争は朝鮮(大韓帝国)を植民地支配する現実的な第一歩でした。空虚さと言うよりも「先の大戦への深い悔悟の念」の衣の下の鎧に見えてしまいます。
[PR]

by gakis-room | 2015-08-14 20:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/22022011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2015-08-14 21:39
その場その場で都合の良い、いろんな角度から見て、を言い連ねていますね。
軽い言葉、の真骨頂です。
Commented by gakis-room at 2015-08-15 08:42
saheiziさん,
「先の世代の子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」(本当は謝罪したくない)以外に何を言いたかったのか。
Commented by korima at 2015-08-15 09:40 x
コピペで継ぎ接ぎな感じがして身にしみませんでした。
Commented by gakis-room at 2015-08-15 12:01
korimaさん,
あっちこっちに気を遣わざるを得なくなって,
「(いやいや謝罪をするけれど)謝罪はこれでおしまい」あたりが唯一の本音ですかね。


<< 残暑お見舞い申し上げます      気温は低くても不快な1日です >>