2015年 08月 13日
気温は低くても不快な1日です
d0006690_1741273.jpgきょうの最高気温は30.4度,平年より2.4度低く,先月の23日以来,22日振りに平年を下回りました。30度を超えたのは午後1時前後のわずかな時間でした。しかし,涼しい快適な日ではありませんでした。

深夜の30ミリの雨で,気温は低くても湿度が高い朝でした。風も陽差しもあまりなく,昼過ぎには湿度は76%にまでなりましたが,午後2時前の雨で,蒸し暑さが戻りました。南と北の窓を開け放っても部屋を抜ける風もなく,じっとしていても汗ばんできました。

だるさはありますが,鼻水はありません。風邪ではなく,単なる夏バテのようです。それで,30度を超えることがほとんどなかったのにエアコンの中に沈んでいました。

こんな日は例によって気象の「数字遊び」です。
平年の奈良は,7月10日〜9月8日までの61日間が「真夏日」です。ですから,平年の奈良の8月は毎日が「真夏日」ですが,意外なことに31日間「真夏日」であったことは,観測史上62年間に3回しかありません。そして30日が7回です。

面白いと思ったのは1965年です。「真夏日」が30日でありながら,「猛暑日」は0日です。最高気温の月平均は32.6度で,当時の平年を0.4度上回っています。8月22日が27.6度であった以外はすべて「真夏日」でしたから,猛暑はなくてもまんべんなく暑い8月だったようです。しかし,月間降水量は39.5ミリで,8月としては降水量の少なさでは10位ですから,まんべんなく暑くても意外にカラッとした暑さだったんでしょうか。

きょう,全国で「猛暑日」を観測したのはわずか2地点,昨日が11地点でしたから,暑さの峠を越えた「中休み」とでもいったところでしょうが,残暑はまだまだ続きそうです。
[PR]

by gakis-room | 2015-08-13 18:00 | つれづれに | Comments(0)


<< 安倍首相の「70年談話」につい...      夏バテ? >>