2015年 07月 22日
近畿を直撃か,話題の尽きない越境・復活台風12号(ハロラ)です
きょうはおかしな天気です。近畿地方の梅雨は20日に明けましたが,終日の雨で,気温と言えば最高気温は6月中旬並みの27.3度,風がないわけではありませんが,蒸し暑く,何もしないでもなんとなく汗ばんできます。

ところで気になるのは復活台風12語(ハロラ)の動向です。午後3時45分の発表では,24日ころから次第に向きを北に変え,25日からは北東への進路をとるようです。そして,27日の午後3時ころには,近畿地方を直撃しそうです。

しかし,予想範囲円の中心を移動するわけではなく,27日の進路予報の範囲円は広く,九州から東北までを覆っています。つまりは現在のところは予測が難しいということでしょうか。

右図はアメリカ海軍の台風予報(米軍合同台風警報センター,JTWC)です。気象庁の予測とは「進行方向,速さ」が大きく異なっています。これまでも気象庁とアメリカ海軍との予測が一致することはあまりありませんでしたが,これもひとつの情報です。

それにしても話題のつきない越境・復活台風12号(ハロラ)です。

【米軍合同台風警報センターへのアクセス】
ホームページ→「Typhoon 01C (Halola) Warning #49 Issued at 22/0900Z」の(2行目の)「TC Warning Graphic」をクリック
d0006690_18154174.jpg

[PR]

by gakis-room | 2015-07-22 19:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21967357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 戦争法案のPR動画のパロディ,...      越境台風は復活台風へ,台風12... >>