2015年 07月 16日
台風12号(ハロラ)は越境台風です
d0006690_1725927.jpg大型の強よい台風11号は今夜遅く四国に上陸するようですが,この台風の国際名は78番目の「ナンカー」です。マレーシアの提案で意味は「果実の名前」です。「ナンカー(マレー語)」の英名は「ジャックフルーツ」,和名は「パラミツ(波羅蜜)」で,その大きさは長さ70cm,幅40cm,重さ40−50kgにもなる「世界最大の果実」と言われているようです。

それで台風12号の国際名は79番目の「ソウデロア」(ミクロネシアの提案,伝説上の首長の名前)のはずですが,気象庁の台風情報を見ると「ソウデロア」ではなく,「ハロラ」になっています。しかし,台風の名前と意味の一覧には「ハロラ」の名前がありません。

台風12号の発生以来,ずっと不思議でしたが,その訳がやっと分かりました。台風は熱帯低気圧が発達して,中心付近の最大風速が17.2m/s以上のものを言います。但し,その位置は「赤道以北,東経180度以西100度以東」に限ります。

台風12号は元々は東経180度以東で発生した「トロピカル・ストリーム」(発達するとハリケーンと呼ぶ)で,東に行かないで東経180度を超えて西に移動し,「台風の領域」に入りました。このよう「越境台風」の場合は,台風委員会による国際名ではなく,元の名前をそのまま踏襲します。それで「ハロラ」です。「ハロラ」,なんとなく可愛い響きですが,その意味は私には不明です。

このような越境台風は稀にあるようで,昨年の台風13号(国際名,ジェヌヴィーヴ),一昨年の台風14号(国際名,ウナラ)は越境台風でした。
[PR]

by gakis-room | 2015-07-16 18:15 | つれづれに | Comments(0)


<< 台風の範囲      今年最後の皐月(五月)晴れ >>