2015年 07月 13日
きょうは初伏,旧暦で言えばきょうから8月12日までが暑さの極みです
d0006690_1643896.jpgきょうは三伏の1番目の初伏で。初伏は夏至から数えて3番目の「庚(かのえ)」の日です。10日後の4番目の「庚」の日が中伏,そして立秋後の最初の「庚」の日が末伏です。旧暦ではこの期間を暑さの極みとしています。

言うまでもなく,旧暦(太陽太陰暦)は月の満ち欠けを基準にした太陰暦に季節のズレを調節するために「閏月」を設けていますが,しかし,それでも1か月前後のズレが生じます。それで,曆注に太陽の運行を基に「二十四節気」等を記して月日と季節のズレとを補正します。

しかし,初伏は「夏至から数えて3番目の『庚』の日」です。夏至は毎年ほぼ同じ日(6月22日頃)ですが,「庚」の日は十干十二支の十干ですから10日毎に巡ってきます。従って,「夏至から数えて3番目の『庚』の日」は,最大10日のズレを持つことになります。「暑さの極み」が毎年ズレるのはおかしなことですが,おおらかと言えばおおらかです。

d0006690_16455216.jpg韓国では三伏の季節に滋養強壮のために蔘鶏湯(サムゲタン)を食べる習わしです。写真は朝鮮日報(日本語・電子版)によりますが,初伏前の10日にソウルの有名な蔘鶏湯専門店に並ぶ人々です。

日本で言えば「土用の丑の日」の鰻と同じ習わしです。土用と言えば,立春,立夏,立秋,立冬の前の18日前後の期間のことですが,立秋前の「夏土用」だけが,言葉としては残っています。これも三伏と同じように「丑」の日ですから,毎年日にちが異なります。「丑の日」12日ごとにやってきますから,土用の期間に2度あることもあります。土用の2回目の「丑の日」を「二の丑」と言います。

習わしはともかくとして,きょうも暑い1日でした。奈良の最高気温は34.6度,今年1番の暑さです。全国では日本海側を中心に「猛暑日」は122観測地点,観測史上1位を更新したのは10地点,7月としての1位を更新したのは35地点でした。
[PR]

by gakis-room | 2015-07-13 18:00 | つれづれに | Comments(0)


<< 台風12号発生,7月末としては...      今年1番の暑さ >>