2015年 06月 02日
今年はどうかな,イチョウの若木
d0006690_15483326.jpg近所の街路樹のイチョウの雌株の根元には,毎年たくさんの実が落ちます。その実が翌年に芽生えて若木となっていることに初めて気付いたのは6年前の(2011年)7月でした。しかし,この若木は生育することがありませんでした。

イチョウの若木は翌年の2012年にも見ることができましたが。いつのまにか除去されてしまいました。

イチョウの若木がどこまで生育するのかを眺めるのが毎年の楽しみになりました。特に2013年には根元だけでなく,歩車道境界ブロックの下からも若木が顔を出していましたから,とても楽しみでしたが,歩車道境界ブロックの下のものはいつのまにかなくなってしまい,根元のものも枯れてしまいました。

昨年2014年には9月末には枯れてしまいました。

さて,今年はどうなるのでしょう。大きな葉は2枚しかありませんが,例年になく元気そうにも見えます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-06-02 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21846121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2015-06-04 10:58 x
ことしの若木さんは色が濃いですね!!
元気そうです(^^)/
Commented by gakis-room at 2015-06-04 15:57
korimaさん,
色の濃い分だけ期待しているのですが,
どうなりましょうか。


<< 近畿地方はきょうから梅雨入り      62年間で1番暑い5月でした,... >>