2015年 05月 14日
今年の5月は「823年振り」というデタラメなチェーンメール
d0006690_17541278.jpgどれくらいの範囲なのかは分かりませんが,以下のようなチェーンメールが出回っているようです。

  2015年5月のカレンダー
    5つの金曜日
    5つの土曜日
    5つの日曜日があります。

  このようなことは823年毎に1度起こります。
  これを「財布」と呼びます。
  風水ではこれらを大切な人にもお知らせすることで
  金運を招くといわれています。
  良いことは分かち合いましょう

直感的にデタラメと思いました。
 →風水ではグレゴリオ暦(現在の暦)を使わない
  1582年に現在の暦(グレゴリオ暦)が制定されたが,その時10日ほど間引いている
  ので,カレンダーとしては連続しておらず,「823年に1度」はありえない

ちょっと考えて完璧にデタラメと思いました。5月1日が金曜日になればいいわけです。
  1年365日÷7日=52  余り1日
   →従って,今年のように5月1日が金曜日となるのは7年後である
    しかし,閏年があるので,この間に閏年が1回の場合は6年後
    閏年が2回の場合は5年後の5月1日が金曜日となる

それで調べてみました(暇ですねえ)。
この次に5月1日が金曜日となる年は5年後の2020年(2016年と2020年が閏年)です。
そして,その次は6年後の2026年(2024年が閏年)です。
ここまでは,私の予測どおりでした。しかし,その次は11年後の2037年です。

この「11年後」とはなぜなのでしょうか。結論から言えば「わからない」ですが,過去に遡ってみて面白いことに気付きました。

5月1日が金曜日となる年は以下の間隔で繰り返されます。
  6年→5年→6年→11年→6年→5年→6年→11年

それにしてもなぜ「11年」があるのでしょうか。午後からずっと気になっています。

なお,このチェーンメールは2010年10月についてもなぜか「823年に1度」として出回っていたようです。そして,今年は2月1日が日曜日ですから,日曜日を週初めとするカレンダーでは2月は4行で終わります。これもまた「823年に1度」なるチェーンメールもあったみたいです。

また,5月ではありませんが,来年の1月1日,7月1日も金曜日です。
[PR]

by gakis-room | 2015-05-14 19:00 | つれづれに | Comments(0)


<< きょうは2回目の「真夏日」でした      根は空気を好みます,セッコク >>