2015年 05月 12日
自覚のない生活の変化,電気使用量の13か月連続マイナス
d0006690_17131785.jpgきょう届けられた5月分(4月8日〜5月11日)の電気使用量は対前年同月比でー24.5%でした。これで昨年の5月分から連続13か月マイナスです。

この期間に東京へ2泊3日,韓国へ3泊4日の旅行に出ています。以下は旅行中に使用しない電気製品と通常の使用の仕方です。エアコンの使用はありません。
  居間の電灯  在宅時は点灯しっぱなしです
  テレビ    通常は2時間以内です
  トースター  朝食の時だけです
  パソコン   朝から午後7時過ぎまでは繫ぎぱなしで
         すが,15分で省エネモードになります
  洗濯機    選択は2日に1回です
  その他    台所,浴室,トイレの電灯はその都度

旅行中のこれだけを差し引いても,ー24.5%は大きすぎる数字です。昨年は,この期間の旅行はありませんが,週に2日所用のために終日外出しています。

昨年の5月分も対前年同月比でー21.1%でしたから,今年は一昨年に比べると40.5%のマイナスとなります。電気製品の買い換えはありませんから,私の生活の仕方の変化故のこととになるのでしょうが,しかし,その変化の自覚がありません。

一体,昨年から私はどの様な生活をしてきているのでしょうか。あるいは一昨年はどんな電気の使用をしていたのでしょうか。

関西電力はこの6月から電気料金を4.62%,10月からはさらに8.36%値上げします。それを考えると,電気使用量の連続マイナスは喜ばしいのですが,自覚できない生活の変化について依然として不安が残ります。
[PR]

by gakis-room | 2015-05-12 18:00 | つれづれに | Comments(0)


<< 根は空気を好みます,セッコク      きょうは下弦の月でした >>