2015年 04月 29日
キツネアザミの短い生涯
d0006690_12362785.jpgキツネアザミ キク科 キツネアザミ属

「近くの公園」です。背丈は30センチ位で,褐色のまとまった蕾と特徴的な葉が目につきました。初めて見る草です。キツネアザミと教えていただきました。

キツネアザミは,2010年5月25日に見ています。この時は自宅マンションの自転車置き場前の空き地で,花はすでに開花しており,背丈は1メートル前後でした。前回の時は花と背丈だけに気を取られて葉をよく見ませんでした。

撮影は4月19日です。キツネアザミの蕾の先端は薄いピンクです。蕾の色といい,その付き方といい,とてもキツネアザミとは思えませんでした。

d0006690_121115100.jpg4月28日です。

蕾もそれぞれに伸び,まだ楕円ではなく球形に近いですが,その先端もピンク色となって,キツネアザミらしくなりました。

ただ,何かの拍子に(誰かによって)倒されたらしく,茎は根元から横向きとなり,蕾の部分だけが上に伸びていました。まだ生きています。

私が見たのはこれ1本だけでしたから,なんとか持ちこたえて花を咲かせてほしいと思いました。

d0006690_1221324.jpg4月29日。
「近くの公園」では朝からたくさんの人(天理教の信徒さん)が出て,一斉に除草作業です。

それで,昼前には「近くの公園」はすっかりきれいになりました。もちろんキツネアザミも取り残されることはありませんでした。キツネアザミの短い生涯が終わりました。

左の写真は前回,2010年5月のものです。マンションの自転車置き場前の空き地では何本ものキツネアザミがすくすくと成長しています。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-04-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21747537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< きょうは6月中旬並の暑さでした      栽培大根が野生化した?,ハマダイコン >>