2015年 04月 28日
栽培大根が野生化した?,ハマダイコン
d0006690_13535111.jpgハマダイコン(浜大根) アブラナ科 ダイコン属

ハマダイコンかと思います。海岸の砂地に生えるので,「浜」大根でしょうか。珍島の海岸で見ました。

ハマダイコンは栽培ダイコンの野生化したものと言われてきましたが,最近では,栽培種が逸出して野生化したものでなく,大陸から古い時代に渡来した野生ダイコンの後代とも言われています。

それで,根ですが,大根よりはずっと細くゴボウに近い感じです。また,硬くてその上とても辛いそうで,食用にはなりそうもないとのことです。

背丈は30センチほどですが,70センチ程度まで伸びるようです。

d0006690_13592142.jpg花径は1センチほどです。4弁の花弁はアブラナ科の特徴である十字形です。

花弁の端が薄い紅紫色であるところはダイコンの花と同じです。稀に白花もあるようです。

花後にはうすいえんどうのくびれを大きくした莢状の実をつけるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-04-28 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< キツネアザミの短い生涯      白い白い花だよ,カラタチ >>