2015年 04月 10日
車折神社の屋根付き鳥居,京都の三珍鳥居・番外その3
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_17493027.jpg嵯峨野の車折(くるまざき)神社の参道入り口の鳥居。笠木(?)が屋根の形になっています。下の写真ではその形がよく分かります。

また,柱の中程から貫に掛けて装飾があります。

柱の装飾と言えば,東京の品川神社の柱には,左に昇り龍,右に降り竜の彫刻がほどこされた「双龍鳥居」が,虎ノ門金比羅宮には柱の上部には四神(青龍,白虎,朱雀,玄武)の彫刻があるようです。

d0006690_17502087.jpg笠木を保護するためのカバーはよく見られますが,ここでははっきりとした瓦葺き(?)の屋根です。

d0006690_1020723.jpg【本殿】
車折神社の祭神は,平安時代後期の貴族で,儒学者でもあった清原頼業(きよはら・よりなり,1122ー1189)です。

社名の由来は,神社の由緒によると,後嵯峨天皇(1242ー1246在位)が嵐山に行幸の折,この地の前で牛車の轅(ながえ)が折れたので,「車折大明神」の神号を下賜し,それ以来,「車折神社」と称するようになったそうです。

d0006690_17503996.jpg「芸能神社」
祭神は天宇受売命(アメノウズメノミコト)です。天宇受売命は天照大神が岩戸に隠れたとき,その前で全裸に近い状態で踊ったとされています。いわば芸能の女神です。

芸能神社は1957年(昭和32年)他の末社より分祀された新しい末社です。

太秦に近いせいでしょうか,映画等の撮影にも使われ,出演の芸能人が参拝することで知られています。境内には参拝した芸能人が奉納した「朱塗りの玉垣」が2000枚余見られます。

d0006690_17505754.jpg「朱塗りの玉垣」


d0006690_1751178.jpg芸能神社ばかりが余りにも有名になりすぎたためでしょうか。本殿をアピールする芸能神社前の案内板です。

下部に「車折神社=芸能神社ではありません・・・・請願成就の車折神社(本殿)も必ずご参拝下さい」との表記が見られます。

d0006690_17513377.jpg「清少納言社」
芸能神社の反対側にある小さな祠です。清少納言の生没年,墓所等は不明ですが,車折神社の祭神清原頼業(きよはら・よりなり)と同族(清原氏)として祀られています。芸能神社と違って気付く人はほとんどいませんでした。今年の1月に改修されています。



京都の三珍鳥居・その1,蚕の社の三柱鳥居
京都の三珍鳥居・その2,伴氏社の鳥居
京都の三珍鳥居・その3,厳島神社の鳥居
京都の三珍鳥居・番外その1,日乃出稲荷社の奴禰(ぬね)鳥居
京都の三珍鳥居・番外その2・野宮神社の黒木鳥居
[PR]

by gakis-room | 2015-04-10 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by korima at 2015-04-11 10:08 x
蚕ノ社と車折神社は、嵐電の一日乗車券で回れますね!

鳥居を撮りたいです。観光客も多少は少なそうですし(^^)/
Commented by gakis-room at 2015-04-11 17:14
korlmaさん、
嵐電の車折神社駅は裏参道になります。
どちらもさほど広くありません。
また、人も多くないと思います。
ゆっくりと撮影できると思います。


<< 安井金比羅宮の角鳥居,京都の三...      野宮神社の黒木鳥居,京都の三珍... >>