2015年 04月 09日
野宮神社の黒木鳥居,京都の三珍鳥居・番外その2
d0006690_1325597.jpg嵯峨野の野宮(ののみや)神社(祭神は天照大神)の黒木(くろき)鳥居です。

黒木鳥居とは樹皮のついたままの鳥居のことで,鳥居の形式としてはきわめて原初的なものだそうです。

黒木であるだけでなく,島木と額束がなく,笠木も貫も丸太です。
    鳥居の部分の名称についてはこちら

このような素朴な形の鳥居は,黒木ではなく白木でしたが,蚕の社(木嶋坐天照御魂神社)の入り口にもありました。なお,靖国神社の中門鳥居も同じ形ですが,貫が丸太ではありません。


3月末の京都は中国語,韓国語を含めてここでも人が絶えることがありませんでした。

d0006690_13261225.jpg神社の案内板によると,ここでは用材としてクヌギを使用し,三年毎に建て替えてきたそうですが,近年ではそのクヌギの入手が困難になりました。これは1993年(平成5年)に寄進されたもので,樹脂加工が施されています。

※写真はクリックすると拡大します。






京都の三珍鳥居・その1,蚕の社の三柱鳥居
京都の三珍鳥居・その2,伴氏社の鳥居
京都の三珍鳥居・その3,厳島神社の鳥居
京都の三珍鳥居・番外その1,日乃出稲荷社の奴禰(ぬね)鳥居
[PR]

by gakis-room | 2015-04-09 18:00 | つれづれに | Comments(0)


<< 車折神社の屋根付き鳥居,京都の...      「近くの公園」の池にカワウが来ました >>