2015年 03月 06日
花言葉の「孤独」が可笑しい,ジャノメエリカ
d0006690_17224658.jpgジャノメエリカ ツツジ科 エリカ属

4ミリほどの壷形の花の中心に黒い葯があり,それを蛇の目に見立てて,「蛇の目」エリカです。別名はクロシベ(黒蘂)エリカです。

南アフリカ原産の常緑低木で,樹高は2メートル近くになるようですが,これは50センチほどです。大正時代に渡来したようです。

エリカ自体の英名はヒースで,こちらは南アフリカ及びヨーロッパ原産です。昔読んだ小説にヒースの荒野がでてきたような気がします。

d0006690_17225217.jpg花の大きさは4ミリほどです。花の中心の黒紫色の部分(葯)を蛇の目に見立てたのですが,私にはそのようには見えません。

黒紫色の部分が葯ですから,突き出たピンクの部分は雌しべでしょうか。
花期は11月〜翌年4月頃と長く,色もピンク,赤,紫,白,黄色まで多様なようです。

花言葉は「孤独」ですが,こんなにわんさか咲いているのに,なぜ「孤独」と思ってしまいます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-03-06 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21609994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tona at 2015-03-07 09:05 x
エミリ・ブロンテ『嵐が丘』でしょうか。
ブロンテ姉妹の小説で思い出されるヒースです。
Commented by saheizi-inokori at 2015-03-07 10:11
群衆の中の孤独、そんな評論がなかったっけ。
Commented by korima at 2015-03-07 11:24 x
うまい名付け…傘にみえます!!
Commented by gakis-room at 2015-03-07 14:08
tonaさん,
「嵐が丘」は高校時代ですから,
50年以上も前です。
シャーロック・ホームズにもヒースの場面があったような。
もう,すっかり忘れています。
Commented by gakis-room at 2015-03-07 14:14
saheiziさん,
D・リースマンに「孤独な群衆」があります。
Commented by gakis-room at 2015-03-07 14:19
korimaさん,
ピンクの部分が中棒で,クロ紫色の部分が下ろくろ?
そうも見えますね。


<< 茎は地下にあります,クロッカス      入り日を遮ったのは霞ではなく雲... >>