2015年 02月 08日
久し振りに見ました,ラグビー日本選手権
d0006690_1749194.jpgラグビーの日本選手権を見るのは久し振りです。かつては大学チャンピオンと社会人チャンピオンのワンマッチが日本選手権で,1月15日の中継が楽しみのひとつでした。

しかし,大学と社会人の実力差が余りにも大きくなりすぎだために,日本選手権はワンマッチから,試合形式が何度も変更され,今年は社会人リーグ(トップリーグ)の上位4チーム,5位〜12位のチームによるプレイオフで2チーム,大学選手権の上位4チームの10チームによるトーナメントで行われます。なお,社会人リーグの上位2チーム(1位のパナソニックと2位のヤマハ)は準決勝からの出場です。

1回戦からテレビ中継は珍しく,試合は帝京大学(大学1位)とNEC(社会人10位)との試合でした。現在大学選手権6連覇中(これまでは同志社大学の3連覇が最高)の帝京大学が社会人10位とはいえ,NECにどこまでやれるかが見所でした。過去8年間,大学チームは社会人チームに敗れ続け,1勝もしていません。

試合は,前半は17ー17の同点でしたが,どちらかと言えばNECが押し気味でした。しかし,後半になると運動量の衰えない帝京大ががNECを突き放し,31ー25で勝利しました。学生チームとしては9年ぶりの勝利です。

帝京大学の2回戦は,東海大学(学生3位)に59ー12で大勝した東芝(社会人3位)です。学生王者と言うよりも,大学で敵なしの帝京大学と社会人との差が縮まっているのか,拡がっているのかが注目されます。

なお他の2試合は以下のとおりです。
  筑波大学(学生2位)7ー62 サントリー(社会人5位)
  慶応大が(学生3位)7ー76 神戸製鋼(社会人3位)
[PR]

by gakis-room | 2015-02-08 18:30 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21541295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< きょうからはカーリング週間です...      素敵な週末 >>