2015年 02月 05日
三寒四温
d0006690_182371.jpg「三寒四温」とは,言うまでもなく,冬の終わりに寒い日が3日続くと,その後に暖かい日が4日続くと言う意味です。しかし,これは,中国東北部あるいは朝鮮半島北部での寒暖の周期を表し,日本ではこの周期はほとんど現れないようです。

しかし,日本では,この言葉が一人歩きして,春先の寒暖の繰り返しに使われることが多くなりました。誤用と言えば誤用ですが,「五月晴れ」や「小春日和」などと同じく,時代とともに言葉が変化していくということでしょうか。
 
 ※五月晴れ  本来は梅雨(旧暦五月頃)の晴
        れ間を指す
 ※小春日和  小春は旧暦10月の異称。旧暦の
        冬は10月〜12月

それで,この先の気温ですが,1月28日からの寒波も2月3日で終わり,昨日の立春からは「三寒四温」のようです。寒暖を繰り返しながら,それでも気温は少しずつ上がっていきます。

立春の4日から,予想気温を含む14日までの最高気温の平均は以下のとおりです。
 今年  9.6度
 平年  9.3度

さらにその先は? きょう発表の【近畿地方 1か月予報】によれば,14日〜20日までは以下のとおりです。
 低い確率  20%
 平年並み  40%
 高い確率  40%

春はそこまでやって来ているようです。天気予報が当たりますように。
[PR]

by gakis-room | 2015-02-05 19:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21533729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 日が長くなりました,きょうの日...      立春,年内立春,双春年のことなど >>