2005年 11月 08日
紅葉狩りに行く日を決めました
昨日は立冬でした。風が少しありましたがとても暖かく,10月中・下旬の気温だったということです。まだまだ冬は遠そうです。

ところで,6日の朝日新聞に「紅葉日」についての記事がありました。紅(黄)葉日とは各地の気象台ごとに対象とする植物(紅はイロハカエデ,黄はイチョウ)を全体として眺めたときに、その葉の色が大部分紅(黄)色系統の色に変わり、緑色系統の色がほとんど認められなくなった最初の日のことだそうです。

朝日新聞の記事によると,紅葉日は年々遅くなってきており,去年の全国平均は平年よりも10日遅く,50年前と今とでは2週間以上も違うとありました。地球の温暖化のせいでしょうか。

奈良気象台のホームページの「植物季節観測表」を見てみたら,昨年の奈良県のイチョウの黄葉日は11月20日(平年は11月9日),イロハカエデの紅葉日は11月28日(平年は11月14日)になっていました。

それで私は考えました,紅葉の見頃は,私の住んでいる市のイチョウ並木がほぼ黄葉日となった後の1週間であると。イチョウが少しずつ黄色くなっていく風情はいかにも晩秋の趣ですが,今年は紅葉狩りのめやすにもしようと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2005-11-08 02:58 | つれづれに | Comments(0)


<< こどもを救った勇敢な高校生      青森ねぶた祭IN韓国 >>