2015年 01月 27日
宿根ネメシアの白花です
d0006690_18472354.jpg宿根ネメシア ゴマノハグサ科 ネメシア属

かつて宿根ネメシアのピンクを見ましたが,これは白色です。背丈は20センチほどです。

これは路傍に出されたプランターです。この日曜日に撮影しました。宿根ネメシア(花野色はピンク,青,白)の花期は3月〜6月,9月〜11月のようですが,耐寒性もあって,3℃程度の気温があれば、真夏を除いて開花し続けるそうです。

最初はキンギョソウかと思いました。同じゴマノハグサ科で,とてもよく似ています。もっともネメシアは,ギリシア語で「金魚草」という意味があるそうです。

d0006690_18533380.jpg花径は1センチほどです。

ある園芸店のサイトでは,この紫色の筋の入ったものを「バニラの香り」と称していましたが,その園芸店独自の呼称かと思われます。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2015-01-27 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 大寒以降寒さは和らいだのですが...      日本水仙(ニホンズイセン)が正... >>