2015年 01月 14日
入り日を見る
d0006690_1892977.jpg私が「夕日」と言わないで「入り日」と言うことが多いのは,「日没」時間(時刻)ではなく「日の入り」時間(時刻)という言い方をしているからかもしれません。

ところで,「日没(にちぼつ)」の反対語は「日出(にっしゆつ)」ですが,「にっしゅつ」はほとんど聞いたことがありません。では「ご来光」の反対語は何なのでしょうか。「来る」の反対語は「行く」ですが,「ご行光」なんて笑ってしまいます。

新年の日の出を崇めるのであれば,大晦日の入り日に過ぎた1年の感謝を捧げてもいいようなものですが,そのような習わしはないようです。朝は、1日の始まりであり,それなりの希望に支えられるのしょうが,夕は希望がくだかれているからなのでしょうか。

入り日を拝む,「日想観」は唯一の例外なのかもしれません。仏教徒でもない私ですが,しかし,何も考えず入り日を見ている時間は好きです。
[PR]

by gakis-room | 2015-01-14 19:25 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2015-01-14 21:49
私も入日をみる方が多いです。
単に朝寝坊だからでしょうが^^。
Commented by gakis-room at 2015-01-15 09:29
saheiziさん,
入り日は何かのついでにでも見ることができますが,
日の出はついでには見られませんから。
もっとも,しょっちゅう朝焼けががあれば別ですけれど。


<< きょうから奈良は31日間の「冬...      昨夜の21時からきょうの13時... >>