2005年 11月 07日
青森ねぶた祭IN韓国
d0006690_653311.jpg昨日の夕方に毎日テレビの「夢の扉」で標題の放映がありました。先週と2週続きでした。

「青森ねぶた祭IN韓国」は「日韓友情年2005」のイベントの一つで9月24日にソウルの大学路で行われた「日韓交流おまつり」のパレードに参加した青森のねぶたのドキュメントでした。

パレード参加のために新たに作られた青森ねぶたの基本は日本で作られ韓国に運ばれましたが,ねぶたの曳き手はすべて韓国人,囃子や跳ね子にもたくさんの韓国人が参加しており,700人からなる日韓合作のねぶたでした。

番組ではソウルでの青森ねぶたを計画した日本の責任者と囃子としてこれに参加した韓国の女子中学生を中心につくられていました。彼女の祖母は孫が日本の祭りへの参加することを快く思っていませんでしたが,パレード当日には沿道から孫に声援を送ります。韓国のテレビMBCもねぶたをニュースで好意的に扱っていました。

このパレードには他に秋田竿燈祭りや新潟県立羽茂高校赤泊分校による佐渡おけさなど9団体が参加したそうです。それぞれにねぶたと似たような日韓交流があったのだろうと思います。韓流ブームだけではないこうした民間の地味ではあるが確実な交流の積み重ねと,少数とはいえ政治家の知性を欠落させた言動との対比を考えさせられてしまいます。

ましてや「私的」な行為によって「公的」な関係を阻害させてかまわないとする靖国神社参拝は一国の政治責任者の言動としてはお粗末すぎるとしか言いようがありません。
[PR]

by gakis-room | 2005-11-07 06:44 | つれづれに | Comments(0)


<< 紅葉狩りに行く日を決めました      週末は雨? >>