2014年 10月 30日
鮮紅色ですが,キバナセンニチコウ(黄花千日紅)です
d0006690_15443469.jpgキバナセンニチコウ ヒユ科 センニチコウ属

キバナセンニチコウ(黄花千日紅)です。別名をアメリカセンニチコウ,ゴンフレナというようです。

歩道の地先境界ブロックよりに顔を出していました。まわりには花壇もありませんでしたから,遠くから飛来して根付いたものと思われます。

それ故でしょうか,これは生命力と言えば生命力,貧弱と言えば貧弱です。キバナセンニチコウの背丈は普通は50〜70センチほどのようですが,これは15センチほどでした。

センニチコウには赤,ピンク,白の三色がありますが,これはくっきりとした鮮紅色です。葉もセンニチコウに比べると細身です。

d0006690_15444783.jpgセンニチコウもそうですが,1センチの球形頭花の赤色の部分は小苞で,黄色の部分が花です。花の大きさは1ミリほどですが,5弁です。

花の色は赤色の他に黄色もあるようです。それでキバナ(黄花)センニチコウなのでしょうか。しかし,画像検索してみても黄花を見つけることはできませんでした。

「鮮紅色だけれど黄花」センニチコウ,なんともおかしな感じですが,日本では黄花はそれほど流通していないのだけなのかもしれません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-30 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21256534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ゆっくりとゆっくりと秋が更けて...      冬のリハーサル >>