2014年 10月 12日
ようやく出会えました,アキノノゲシ
d0006690_17171349.jpgアキノノゲシ キク科 アキノノゲシ属

春に咲くノゲシ(野芥子)に花が似ていて,秋に咲くので「秋の野芥子」です。写真の背丈は50センチほどですが,2メートルほどになります。稲の渡来の頃に日本へ渡来した「史前帰化植物」だと考えられています。

実はアキノノゲシを待ち望んでいました。というのは今年の5月14日の「不規則な鋸歯,ノゲシの葉」としたのは間違いで,あれはアキノノゲシでした。

アキノノゲシは,花を見るまでもなく,不規則な切れ込みを持つ葉が何よりの特徴です。しかし,なかなか出会えませんでした。

d0006690_17171620.jpg花径は2センチほどの薄黄色です。稀に白色もあるそうです。

舌状花だけで,筒状花はないとのことですが,花の中央に突き出ている茶色の柱状のものは何でしょうか。

ノゲシに似ているといいますが,舌状花の数はノゲシよりは遥かに少なく,とても似ているようには思われません。

キク科ですが,1日花で朝遅く咲き,夕方までには萎んでしまいます。「例の田舎道」にも1メートルほどの背丈のものが一株ありますが,残念ながら私の通る時間には,まだ咲いていないか,咲き終わった後です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-12 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 台風19号は恐ろしそうな名前で...      「更けゆく」のは,なぜ秋だけな... >>