2014年 10月 11日
「更けゆく」のは,なぜ秋だけなのでしょうか
d0006690_17245827.jpg10月入って,最高気温も最低気温も平年より高めに推移しています。涼しかった9月にすっかり慣れきった体には「暑い」と感じることもありますが,紅葉(黄葉)も進み,景色はすっかり秋です。

夜ともなれば,開け放った窓からの風は冷たく「更けゆく秋」です。

ところで「更ける(深ける)」は国語辞典では次のように説明されてします。
  ・深くなる。たけなわになる。(岩波国語辞典)
  ・夜(その季節)になってからだいぶ時間が経過す
   る(新明解国語辞典)

「更ける」が「たけなわになる」,「時間が経過する」と言うことであれば。秋に限らず「更けゆく春」,「更けゆく夏」,「更けゆく冬」があっても良さそうなものですが,なぜか秋だけが「更ける」ようです。

同じようなことを「しみじみと秋」でも思いました。季節を「しみじみと」感じるのはなぜか秋だけで,「しみじみと春」,「しみじみと夏」,「しみじみと冬」とは言わないようです。

とまれ,この数年,日本には四季がなく,二季しかないかようでしたから,今年は久し振りに「長い秋」であって欲しいと思います。長月(旧暦9月)も残り12日となりました。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-11 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21198417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2014-10-11 21:09
ふけゆくは夜にかかるのだと思っていました。
秋の夜長なのかと。
Commented by gakis-room at 2014-10-12 07:27
saheiziさん,
「更けゆく秋の・夜」と「秋の・更けゆく夜」では微妙に違いますかね。


<< ようやく出会えました,アキノノゲシ      なんという幸運でしょうか,サツ... >>