2014年 10月 10日
なんという幸運でしょうか,サツマイモの花を見ました
d0006690_1653141.jpgサツマイモ ヒルガオ科 サツマイモ属

「例の田舎道」です。なんという幸運でしようか。畑の片隅でサツマイモの花を見ることができました。

サツマイモの花は,通常,本州以北では見ることができないとされています。しかも手前に1輪,その奥にも隠れるようにしてもう1輪,2輪も咲いていました。

サツマイモの花は,だんだん日が短くなって,1日の昼時間が11時間以下(奈良では10月下旬)にならないと開花しない「短日性」の花です。ところが,その頃になると,奈良(あるいは本州以北)では気温が低すぎて,サツマイモは開花しないそうです。

ですから,沖縄県,九州南部を除いては通常の条件では開花しませんが,しかし、以下のような栄養生長(芋の肥大)ができない環境下におかれたりする場合は,開花することがあるそうです。

  ・干ばつ気味の年
  ・赤土でマルチ施用,施肥は少なく,しかも降雨量も少なく,蔓の伸長が遅れた場合
  ・病気にかかったり、芋をネズミにかじられたりした場合

きょう見たサツマイモの花の開花が上記の条件のどれに当たるのかは知る由もありませんが,しかし,私はサツマイモの花を見ることができました。

d0006690_16534070.jpg花径は6〜7センチです。

花だけを見たのであれば,「きれいな朝顔」で終わってしまっていました。花の底は薄紫色ですが,ピンクのものもあるようです。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-10 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21195477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2014-10-10 21:57
芋の送る赤信号,SOSなんですね。
粋な信号だ。
Commented by korima at 2014-10-11 10:05 x
葉っぱを見なければ、アサガオにしか見えません!!
Commented by gakis-room at 2014-10-11 12:51
saheiziさん,
苦境に陥ったとき,なぜ花を咲かせるのかは分かりませんでした。
それにしても悲鳴にはとても見えません。
Commented by gakis-room at 2014-10-11 12:58
korimaさん,
副え木をして上に這わせれば
絶対に大きな葉っぱの朝顔と思ってしまいます。


<< 「更けゆく」のは,なぜ秋だけな...      花の白さが目立ちます,セイロン... >>