2014年 10月 04日
斑入りのススキです,タカノハススキ
d0006690_16321962.jpgタカノハススキ(鷹の羽薄) イネ科 ススキ属

ススキの園芸品種です。葉に少し黄味がかった白い斑がいくつか横に入っています。それで「鷹の羽ススキ」です。

別名として「ヤハネススキ(矢羽根薄)」,「ヤハズススキ(矢筈薄)」,「トラフススキ(虎斑薄)」,「ゼブラ・グラス(Zebra Grass)」の名があるようです。

これは畑の隅に放置常態のものですが,園芸種として栽培する場合,窒素過多になると斑が消えてしまうことがあるようです。

なお,縦に白い縞の入る「シマ(縞)ススキ」という品種もあるようですが,はたして出会うことがあるでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-04 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/21176511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2014-10-05 12:02 x
秋ですね~
穂ばかり見てしまいますが、葉も見てみます。
Commented by gakis-room at 2014-10-05 16:38
korimaさん,
この道は何度か通っているのですが,
「穂ばかり見て」,葉には昨日まで気付きませんでした。


<< キバナコスモスの変種でしょうか      キクイモってこんなに背丈が高いんだ >>