2014年 09月 16日
あっ,トケイソウだ,1度見たら忘れない花
d0006690_90657.jpgトケイソウ(時計草) トケイソウ科 トケイソウ属

写真ではこれまでに何回も見ましたが,直接に見ることはないと思っていました。
ですから,「あっ,トケイソウだ」と,自転車を止めてしげしげと眺めました。

中南米原産で,400種以上あるそうです。日本には江戸時代中期に渡来したようです。

低木になるものやつる性の草木など,種によってその形態は異なります。花の色も白,赤,ピンク,黄,紫と多様です。背丈は3メートル以上にもなるようです。

果実が食用になる種もあり,パッションフルーツと呼ばれ,生食やトロピカルフルーツに利用されているようです。ほんのり甘く、やや酸味がある味だそうですから,これは私の好みです。食する機会があればと思います。

d0006690_16252518.jpg花径は4センチほどですが,なんという花の意匠でしょうか。

1番上の3つに分かれたこげ茶色の部分が雌しべです。これを時計の長針,短針,秒針に見立てて時計草です。

雌しべの下の小さな白い球形が子房です。その子房を中心に5つに拡がった緑色の部分が雄しべです。5本ではなく,せめて6本であれば,時計として申し分ないのですが(笑)。

雄しべの先の周囲が黄色の楕円形の部分が葯です。葯は全面黄色で,最初は上を向いていますが,すぐに下を向いてしまうようです。

雄しべの下の無数の糸状のものが副花冠です。副花冠は根元が濃い紫色,中程が白色,先端は薄い青紫色です。

1番下の周囲が薄緑色の部分が花弁です。写真ではよく分かりませんが,全部で10枚ありますが,その内の5枚は萼ですから,トケイソウは5弁花ということになります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-09-16 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by tona at 2014-09-16 20:07 x
本当に時計のように見えます。
形、色とも申し分ない芸術作品のような花ですね。
Commented by gakis-room at 2014-09-16 20:27
tonaさん,
見事な自然のなせる技ですね。


<< 旺盛な繁殖力です,ダキバアレチ...      カーリング,男子はSC軽井沢,... >>