2014年 09月 04日
スイカは野菜か果物か
d0006690_1625796.jpg今年の夏はよくスイカを食べましたが,まもなくスイカの季節が終わるようです。スーパーでは1個まるごと売りは消え,切り売りだけになりました。また,切り売りの売り場面積もかつての3分の1以下となりました。

きょう買い求めたちょっと大きめの8分の1カットのスイカです。「糖度」は13度。これまでの表示はいつも10度〜12.5度(私は11.5度以上でなければ買わない)でしたが,13度は初めてです。

ところで,スイカは分類上は,果物ではなく野菜だそうです。農林水産省の分類によれば,「野菜と果物(果実)の分類については、はっきりした定義はありません」としながらも,以下を野菜としています。
  1 田畑に栽培されること
  2 副食物であること
  3 (こんにゃくのように)加工を前提としないこと
  4 草本性であること

この場合,4の「草本性」(一〜二年草)が野菜と果物の違いの指標のようです。果物は「生産や出荷の統計をとる上で果樹として分類しています。この果樹は、木本性などの永年作物のことをいいます」としています。しかし,次のように付け加えています。
  「なお、いちご、メロン、すいかなどは野菜に分類されますが、果実的な利用をすることから果実的野菜として扱っています」

結論は「〇〇的野菜」ですから,やはり野菜ですが,生産の場面では野菜,消費の場面では果物ということでしょうか。インターネットを見ていたら,こんな指標がありました。

「そのまま(生のまま)病院の見舞いに持っていけるのが果物、そうでない(調理して持っていく)のが野菜」

これは生産者の立場ではなく,消費者の立場からです。であれば,消費者の立場からは
  果物店あるいは果物コーナーにおいてあるものが果物
  野菜コーナーに老いてあるものが野菜
という指標も可能です。

きょうの私の結論
 ・スイカ(イチゴ,メロン)は生産者から言えば野菜,消費者から言えば果物,いずれにせよ,13度の表示に舌が惑わされたのでしょうか,これまでになく甘さを感じ,美味しくいただきました。
[PR]

by gakis-room | 2014-09-04 18:00 | つれづれに | Comments(6)
Commented by tona at 2014-09-04 19:02 x
果実的野菜、納得です。
おかずとして食べないから、食べる側からは果物というのもその通りですね。
昨日、富山県で、1個20㎏のスイカを150に切る、それも早切ですから驚いてしまいました。
Commented by saheizi-inokori at 2014-09-04 22:41
中学だったかなあ、大阪に行って道端で切ったスイカが売られているのに驚きました。
ラップなんてもちろんなし、埃だらけの道路でした。
いい時代。
Commented by gakis-room at 2014-09-05 07:03
saheiziさん,
食べ物売りの露店は縁日限定ですね。
屋台のラーメン屋もほとんど見なくなりました。
夜泣き蕎麦も死語でしょうか。
Commented by 高麗山 at 2014-09-05 10:07 x
高校生の頃、奈良のかなり有名な種苗問屋で
スイカの種を採るアルバイトがありました。
最初は、果肉も食べるのですが、そのうち口に
含むのも嫌になると、長続きのしないバイトでした。
又、種に疵をつけないようにするのも大変でした。
Commented by gakis-room at 2014-09-05 12:08
高麗山さん,
最初は文字通り美味しいアルバイト→見るのも嫌になる,
分かりますねえ。
Commented by gakis-room at 2014-09-06 11:30
tonaさん
ごめんなさい。
宛名を間違えました。
恥ずかしい限りです。
返信を再掲します。

果実的野菜,苦肉のあるいは妥協的な命名です。

私は見たことがありませんが,楕円形のいわゆるジャンボスイカのことですね。
農協当たりのイベントだったのでしょうか。


<< 花径は3〜4ミリです,アガスタ...      秋色は白 >>