2014年 08月 27日
今年もダメかもしれません,イチョウの若木
d0006690_16485938.jpgイチョウの実,つまり銀杏が落ちて,翌年に芽をだす,それを「イチョウの若木」と呼んで,その成育を楽しみにしてきました。しかし,2012年も,2013年も,10センチにもならない前に取り除かれるか,枯れてしまいました。

今年,2本の若木に注目して,5月4日に「今年はどうかな,イチョウの若木」と書きました。しかし,そのうちの1本はいつのまにか取り除かれてしまいました。残りの1本のその後です。

6月27日  茎の先端が折られていますが,なんとか健
       在です。
7月28日  成長していますが,左の1枚を除いて,葉
       が少し病んでいるのが気掛かりです。
8月27日  4枚の葉のすべてが少し色あせ,病んでい
       ます。特に手前の1枚は葉の半分が茶色に
       変色しています。残りの3枚も葉の先端が
       茶色 になっています。

昨年は11月28日までは持ちこたえましたが,今年はそれ以前にダメになってしまいそうです。

今年の夏は植物の生育には特に苛酷ではありませんでした。嫌われる仕事に「危険」,「汚い」,「きつい」のいわゆる3Kがありますが,植物にもその生育を妨げる3Kがあります。「強光」,「高温」,「乾燥」の3つです。

今年の夏の3K状況です。

・強光  8月の昨日までの合計日照時間は100.2時間
     です。平年の8月の日照時間は205.4時間で
     す。日照時間が平年を上回った日は5日しか
     ありません。8月としての日照時間は,恐ら
     くは観測史上3位位内となる短さです。

・高温  8月の昨日までの「猛暑日」は2日しかあり
     ません。また,平年を下回った日は14日で,
     30度以下の日は5日です。8月の暑さは,例
     年になく厳しくありません。

・乾燥  昨日までの降水量は,多さでは8月としては
     観測史上2位タイです。乾燥とは正反対の今
     年の8月です。

このように,今年の8月は植物の生育にとって悪くはありませんでした。それなのに,イチョウの若木はなぜ病んでしまったのでしょうか。この先,奇跡的な回復はあるのでしょうか。
     
[PR]

by gakis-room | 2014-08-27 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by korima at 2014-08-28 17:44 x
葉っぱの色が寂しいですね。
わたしの体調も長雨でいまいちです。
このイチョウもそうかも…としみじみ
Commented by gakis-room at 2014-08-28 18:43
korimaさん,
京都市の今年の8月の雨は半端じゃないですね。
昨日までの降水量は481.5mmで,2位の460.1mm(1960年)に大差をつけて1位です。

スッキリとした青空とはなかなかまいりませんね。


<< 束の間の「秋」      「猛暑日」のような暑さには弱い... >>