2014年 08月 13日
半世紀ぶりの出会いです,マツバボタン
d0006690_1781046.jpgマツバボタン(松葉牡丹) スベリヒユ科 スベリヒユ属

南米原産です。肉厚の細い葉を松葉に見立てて,花が牡丹に似ているところからの命名のようです。八重咲きもあります。八重咲きの方が「牡丹」に相応しいでしょうか。

別名はホロビンソウ(不亡草)です。年々種子がこぼれて新たな花が生えだしてくるからのようです。同科同属のハナスベリヒユと共に学名の「ポーチュラカ」で呼ばれることが多いようです。

マツバボタンは,私の虎が煙草を吸っていた頃からその名前を知っていた数少ない花の1つです。生家の庭に咲いていました。半世紀ぶりの出会いです。

d0006690_1775956.jpg花の色は黄色の他に白色,赤色,桃色などがあります。

マツバギクと名前が似ていますが,マツバギクはハマミズナ科(ツルナ科)です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-08-13 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 東大門デザインプラザに行ってきました      15センチほどの大型の花です,... >>