2014年 07月 21日
海のない奈良で「豊かな海づくり大会」が開催されます
d0006690_18102747.jpgきょうは「海の日」です。1996年に祝日となりました。当初は7月20日でしたが,例の「ハッピーマンデー」とやらで,2003年からは第3月曜日になりました。

移動祝日というのは私にはバカげているとしか思われませんが,それはともかくも,海のない奈良県には「奈良県山の日・川の日」が条例で定められています。第3月曜日です。2008年に制定されましたが,私が知ったのは2年前の7月でした。海のない奈良県ですから,「海の日」に対して「山・川の日」で対抗しようというのでしょうか。

その海のない奈良県で,今年の11月15,16日に「第34回全国豊かな海づくり大会」が開催されます。先日,電車内のポスターで知りました。京都,大阪あるいは和歌山での開催の宣伝かと思いましたが,場所は奈良県川上村,大淀町,五條市,橿原市です。

テーマが「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」とありますから,「森→川→海」とつながらないことはありません。確かに奈良県南部には一級河川の吉野川(水系名は紀ノ川)が流れています。そして,開催地の川上村,大淀町,五條市は吉野川の流域ですが,その流域ではない橿原市がなぜ会場なのでしょうか。

それにしても「豊かな海づくり大会〜やまと〜」とは。違和感は私だけなのでしょうか。

なお,「全国豊かな海づくり大会」は,1981年に大分で第1回が開催されました。これまでに海のない県での開催は滋賀(第27回,2007年)と岐阜(第30回,2010年)です。
[PR]

by gakis-room | 2014-07-21 18:00 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20927023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2014-09-27 09:08
タイトル : ボンボコ祭、復活の舞新湊漁協青年部、稽古に汗
来年10月に射水市内で開催される「第35回全国豊かな海づくり大会」の1年前プレイベントで、漁師の安全と大漁に願いを込める富山県無形民俗文化財「ボンボコ祭」の舞が7年ぶりに披露される。舞は弓を釣りざおに見立てて魚を釣る所作などが盛り込まれ、舞を継承する新湊漁協青年部は港町に息づく奇祭を発信する好機と位置付け、稽古に励んでいる。... more


<< 早すぎる「引き籠もり」に納得      くっきりと見えた朝日,そして午... >>