2014年 07月 05日
クチナシの雄しべと雌しべを見てみたい
d0006690_17382572.jpgオオヤエクチナシ(大重梔子) アカネ科 クチナシ属

クチナシの季節です。クチナシは春のジンチョウゲ,秋のキンモクセイとともに,香りを楽しむ花木の代表で,やや重めの甘い香りがするそうです。

クチナシは6弁花ですが,「近くの公園」のものは八重です。そのためでしょうか,近寄ってみると,かすかな香りはありますが,ジンチョウゲやキンモクセイほどではありません。

大型で八重咲きのクチナシはオオヤエクチナシ(英名ガーデニア)と言うようです。クチナシは秋には橙赤色の果実をつけるそうですが,八重のクチナシは「蘂が花弁に変化したために実はつけない」とありました。

d0006690_1738402.jpgとすれば,この6本の雄しべと中央の雌しべらしきものは何でしょうか。

これはすでに時間の経過によって変色しています。できたて(?)の雄しべと雌しべを見たくて,捜し回りましたが見つかりませんでした。花を分けてみれば見つかったも知れません。

その代わりというのではありませんが,クチナシのつぼみは螺旋状になっていることを知りました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-07-05 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20877932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 大きな強い狸がやってくる,台風8号      韓国映画「観相師」 >>