2014年 07月 02日
「近くの公園」のムクゲが咲きました,1年の半分が終わりました
d0006690_7375927.jpg「近くの公園」のムクゲが咲き始めました。「近くの公園」には赤色,白色,白で底赤の3種類のムクゲがあります。

昨年は最初に咲いたのは白色のムクゲで,今年と同じ7月2日でした。今年は赤色からです。すでに萎んでいるものもありましたから,昨日には咲いていたようです。白色,白で底赤も蕾はまだ堅そうです。

私の季節感覚では「近くの公園」のムクゲが咲いたら,1年の半分が終わりです。実際にもきょう7月2日の正午が1年の半分です。厳密には「1年=365.24219879日」ですから,私の計算では1年の半分は「7月2日14時54分22秒+0.987728秒」となります。

今年も何時のまにか半年が過ぎてしまいました。年々,1年が短くなっていくように思われます。いつのころからか,どこかで読んだのでしょうが,1年の長さの感覚は,「1÷年齢」,つまりは20歳の時の1年は「1/20」,70歳の今年の1年は「1/70」だと思ってきました。

これを「ジャネーの法則」と言うことを最近知りました。ピエール・ジャネーは,19世紀のフランスの心理学者で,叔父の哲学者ポール・ジャネーが発案したものを,ピエールがその著書において紹介したものだそうです。

【ジャネーの法則】
「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する」
「主観的に記憶される年月の長さは,年少者にはより長く,年長者にはより短く評価される」

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-07-02 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20866821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 初めての梅雨らしい日      上旬は暑く,中・下旬は寒暖差は... >>