2014年 07月 04日
韓国映画「観相師」
d0006690_17594232.jpg一昨日,韓国時代劇「観相師」を見てきました。

時代は朝鮮王朝最高の王とされる第4代世宗(セジョン)が歿し,5代王に長男の文宗(ムンジョン)が即位した頃。文宗は世宗末期に8年間,病気がちの世宗に代わって摂政を務めた。

しかし,彼もまた病弱で,王に即位後,わずか2年3か月で病死する。第6代の王として即位した端宗(タンジョン)はわずか12歳であった。

こうした中で,世宗の次男(文宗の弟)首陽大君(スヤンテグン)はその勢力を強め,王位を窺う気配さえ見せる。世宗,文宗,端宗に仕えた金宗端(キム・ジョンソ)は,首陽大君への警戒を強める。彼は文武両道にその才を発揮し,文宗・端宗時代には左議政(朝廷のナンバー2)として,「大虎」とも称されていた。

こんな時,「顔」を見るだけで性格から寿命まで見抜く天才観相師キム・ネギョンは偶然に金宗端の信頼を得て宮中の要職に抜擢される。キム・ネギョンは首陽大君の観相を,首陽大君の側近の策士,ハン・ミョンフェの謀略により1度は見誤るが,しかし,首陽大君に冷酷な「逆賊の相」を読み取り,王と国家を救うべく,首陽大君の王位簒奪を阻止しようと奮闘する。

私の知る限りでは,ほぼ史実に沿いながら,そこにキム・ネギョンらの架空の人物をはめ込んで,韓国ドラマ特有の「ハラハラ,ドキドキ,すれ違い」で物語は展開されます。史実としの結果が分かった上での映画鑑賞でしたが,楽しめた139分でした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-07-04 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20865145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2014-07-05 17:50 x
韓流テレビドラマはだめなんですが映画はOK
なぜかしら? 行ってみたい映画です。時代劇だし!
Commented by gakis-room at 2014-07-05 18:58
korimaさん,
時代劇,それも朝鮮王朝時代以外の韓流ドラマは,私も見ません。
朝鮮史への関心は朝鮮王朝時代だけてはありませんのに。

「観相師」は京都シネマで18日までです。


<< クチナシの雄しべと雌しべを見てみたい      初めての梅雨らしい日 >>