2014年 06月 27日
イチョウの若木,その後・2014
d0006690_16581345.jpg銀杏の落ちて,翌年に芽生えて,成長していくのを毎年楽しみにしてきました。

しかし,2012年も,2013年も,10センチにもならない前に取り除かれてしまいました。特に昨年は,歩車道境界ブロックから顔を出しているものがあり,なんと無く健気な感じがして,その後が楽しみでしたのに。

同じ場所で,今年もイチョウの若木は成育しているのを取り上げたのは5月4日でした。

今朝の様子です。2本のうち,1本はすでに取り除かれています。もう1本は健在ですが,しかし,茎の先端が折られており,なんとなくこの先が心細い感じです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-27 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by korima at 2014-06-28 09:42 x
一見したところは葉の色も元気に見えますが…。
なんでも根こそぎに「キレイ」にするのが近頃のはやりですから、
安心はできませんね:-)
Commented by gakis-room at 2014-06-28 14:56
korimaさん,
そうです,箒のひと掃きでおしまいですから,安心できません。


<< 雨が少ないけれど,日照時間が多...      にわか雨の時間差 >>