2014年 06月 23日
亀の勝算の根拠は何だろう,童謡「うさぎとかめ」
きようは何もしない1日でした。それで,つれづれなるままに日暮らし(机にむかうことなく)ゴロンとソファーに横になったりして,心に浮かぶよしなしごとを,そこはかとなく(書くことはしないで)ぼんやりと考えたりしていました。

  もしもし亀よ 亀さんよ
  世界の内でお前ほど
  歩みののろい者はない
  どうして そんなにのろいのか

これって,いじめじゃないのかなあ。あるいは己の最も得意とする土俵の中で,それを得意としない相手を卑下する兎のいやらしさ。

  なんとおっしゃる 兎さん
  そんならおまえと駈けくらべ
  向こうのお山の麓まで
  どちらが先に駈けつくか

売り言葉に買い言葉ではなく,亀には「兎のひとねむり」という勝算があったからこその競争でしょうか。その勝算の根拠はどこから来るのでしょうか。亀の悪魔的な予知能力につくづく感心してしまいます。もし,私が亀だったら,

  なんとおっしゃる 兎さん
  そんならおまえと 泳ぎくらべ
  池の向こうの岸辺まで
  どちらが先に泳ぎつくか

しかし,私には競争しても,たやすくは人にひけを取らない得意とする分野を思いつきません。「兎って嫌みな奴だ」と呟くだけのようです。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-23 19:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20839166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 利休鼠,色の名前でした      ほぼ空梅雨の6月なりそうです >>