2005年 10月 28日
取り残された柿
d0006690_604658.jpg私が育った名古屋の家の庭に柿の木が一本あり,毎年いくつかの実を成らせていました。柿をあまり好まない私はそれを食べた記憶がありませんが,母はご近所に配ったりもしていたようですから,それなりの味だったんだろうと思います。

ところで,あちらこちらの取り残された柿がなぜか気になります。農道の脇などにあるものはやがて熟し切り,落ちて土に還るのでしょうが,庭に植えられた柿の実も同じなのでしょうか。

私の家では,昔々の野菜はもちろんですが,果樹もまた食するために植えていたように思います。ひょっとしたら,果樹をただ鑑賞するためだけに庭に植える,そういうやり方もあるのかもしれないなと思ったりします。あるいは,私が見たものはすべて取り入れ前で,しばらくすれば取り入れられるのかも知れません。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-28 06:43 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/2081274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 理念なき自民党の新憲法草案を嗤う      ロッテの日本一を祝す >>