2014年 05月 26日
和名は「キツネの手袋」,ジギタリス
d0006690_7274672.jpgジギタリス オオバコ科 ジギタリス属

和名はキツネノテブクロ(狐の手袋)です。これは英名の foxglove の直訳のようです。Degitalis は,ラテン語で「指」を表すdigitusに由来する(花の形が指サックに似ている)ところからとのことです。

すらっと伸びた上方に漏斗形(ベル形)の花を咲かせます。花は下から順に咲くようです。

紫紅色と白色ジギタリスです。左の紫紅色は,背丈が1メートルほどですが,花の付き方が今1つです。右の白色は70センチほどで,花の量もたっぷりあります。

日本には1879年(明治12 年)に渡来しました。最初は鑑賞用としてよりも,強心剤,利尿剤としてだったようです。1887年(明治20 年)に発布された日本薬局方第一版に「ジギタリ葉」として記録されたそうです。

d0006690_728037.jpg花の色は紫紅,白の他にピンク,オレンジ,薄黄,茶などがあるようです。

花の内側には不規則な斑点が見られます。ちょっと不気味な感じがします。

花言葉は「熱愛」,「不誠実」,「隠されぬ恋」などのようですが,私にはピンときません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-05-26 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20744810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2014-05-26 21:13 x
表題のジキダリスを見て、然程知識も無いのに
心臓病の薬と直感しました、ダイナマイトの原料と
ジキダリスは、なぜかか心臓病の薬品として認識
しています。
やはり、毒気のある花は美しいのでしょうか?
Commented by gakis-room at 2014-05-27 07:03
高麗山さん,
爽やかな美しさではありませんね。
葉だけでなく,全草が有毒だそうです。
私はこの花を見るまで知りませんでしたが,ジギタリスの葉は心臓病の薬としてそれなりに有名のようです。
Commented by korima at 2014-05-27 09:10 x
初めて花を知りました。
推理小説に出てきます。花の中の模様と
ぽやぽや生えた毛がミステリアスですね。
Commented by gakis-room at 2014-05-27 10:15
korimaさん、
ジギタリスという響きもなんとなくミステリアスな感じですね。


<< いろいろな色のルリチョウソウ      いよいよ夏です。奈良はきょうか... >>