2014年 05月 04日
今年はどうかな,イチョウの若木
d0006690_1635641.jpg今年もイチョウの若木が生育を始めています。

イチョウの落ちた果実(銀杏)から芽が出て,若木になっていくのに初めて気づいたのは20011年7月でした。しかし,その若木は中途で取り除かれてしまいました。

2012年も取り除かれてしまいました。2013年は歩車道境界ブロックから顔を出しているのももあり,その生育を楽しみにしていましたが,やはり,取り除かれてしまいました。

はたして,今年はどうなりますか。成育していく姿を見る楽しみはいつまで続くのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-05-04 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20669834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2014-05-04 18:43 x
元気な若木ですね。
枯れ葉を集める時などに、取り除かれてしまうのでしょうか?
がんばってほしいです!!
Commented by gakis-room at 2014-05-04 19:16
korimaさん,
竹箒か何かで掃除するときに取り除かれてしまうのだと思います。
頑張ってほしいと言うよりも,掃き取り除かないでっ!といった気持ちです。
Commented by saheizi-inokori at 2014-05-05 11:02
ベランダに連れてくる、ってわけにもいかないか^^。
Commented by gakis-room at 2014-05-05 17:23
saheiziさん,
ベランダにねえ,考えても見ませんでした。


<< 記憶の中では小花の数がもっと少...      斑入りアマドコロ >>