2014年 04月 27日
コデマリの雌しべは5本?
d0006690_18423382.jpgコデマリ バラ科 シモツケ属

「近くの公園」にもコデマリはありますが,コデマリに初めて出会ったのは5年前の4月の末の「例の田舎道」でした。

その時は気付きませんでしたが,1センチにも満たないコデマリの中心部はなかなか賑やかです。

雄しべの数は約20本です。すでに長く伸びきっているもの,これから伸びようとするものが見られます。

中央の5本の短いものが雌しべでしょうか。私は雌しべはいつも1本だと思い込んでいましたが,複数の雌しべはあるのでしょうか。

また,雄しべと雌しべの間にある黄色の円の部分は何でしょうか。

花径は7〜8ミリほどです。その中心部はわずか2〜3ミリですが,なかなか複雑です。以前に買い求めたルーペをなくしてしまったことが悔やまれます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-04-27 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by tona at 2014-04-30 16:27 x
コデマリの花の中を覗いたことがなかったです。
2,3mmの小さなところに雄しべだけでも20本とはビックリです。
今、この辺でどこにコデマリが咲いていたっけと思い出しています。
Commented by gakis-room at 2014-04-30 17:34
tonaさん,
コデマリは小さいながらもなかなか賑やかです。
「お主,やるな!」と敬意を表したくなります。


<< 安倍首相のその場しのぎの繕い,...      きょうの気温は5月下旬並か,6... >>