2014年 04月 21日
謎の6枚目の花弁,ツツジの花
d0006690_17371334.jpg「近くの公園」に咲いているツツジはオオムラサキツツジでしょうか。そのツツジの花を覗いてみました。

5枚の花弁は元でくっついている合弁花ですが,そのうち,1枚に模様がついています。この模様が蜜のありかを教えるネクターガイド(蜜標)だそうです。

雄しべは10本ですが,そのうち1番上のものは貧弱(極端に短い)です。これもまた,ネクターガイドのようです。

長く突き出ているのが雌しべです。雄しべに比べて長いのは自家受粉を避けるためのようです。

ところで,貧弱な雄しべの下から模様の付いた細い花弁(?)が出ています。その先端の右側は反転して捻れています。これは一体何でしょうか。すべての花にあるわけではありませんが,いくつかの花にはこの「6枚目の花弁(?)」が付いていました。

より確実に蜜のありかを教えるためのものでしょうか。私には謎です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-04-21 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< アレナリア・モンタナ改めヤマユ...      今更ですが,スミレの花弁は5枚です >>