2014年 04月 11日
豆果が空に向かうので空豆,ソラマメの花
d0006690_10343889.jpgソラマメ マメ科 ソラマメ属

地中海,西南アジア原産で,日本へは8世紀頃に伝来とされるようです。

漢字では,空豆です。これまで,ソラマメの漢字を考えたことがありませんでした。その由来は,豆果(さや)が空に向かってつくため「空豆」とか。

そして,その豆果が次第に下がって水平になる頃が収穫時とのことです。

背丈は60センチほどです。

d0006690_625729.jpgマメ科の多くの花は,その形から蝶形花と呼ばれています。

その蝶形花については,5年前,ハギの花で書きましたが,1枚の旗弁,2枚の翼弁と重なった2枚の舟弁(竜骨弁)とからなっています。

その翼弁に黒色の斑があるのがソラマメの特徴です。

しかし,翼弁が大きくて,しかも開いていないので舟弁が見え難くなっています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-04-11 18:00 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by korima at 2014-04-12 08:59 x
ほんと、チョウチョみたいですね。
色合いが大人っぽくてしぶいです。
Commented by gakis-room at 2014-04-12 10:21
korimaさん,
黒がきいていますよね。
Commented by tona at 2014-04-13 19:08 x
毎年ソラマメを少し作っていますが、さやが水平になったときが収穫時とは知りませんでした。参考にします。
Commented by gakis-room at 2014-04-13 20:20
tonaさん,
お帰りなさい。

あくまでも参考ですよ,私自身で確かめたことはありませんので(汗)


<< 憲法9条がノーベル平和賞候補に...      明日からしばらくは寒の戻りのようです >>