2014年 04月 05日
たまには三日月でも
d0006690_11463080.jpg月といえば,ブログの写真では上弦の月〜満月の間の月が多かったように思います。特別なことでもない限り,三日月を載せることは稀です。例えば月への金星の接近です。

昨日,夜の外出から帰宅した夜の9時過ぎ,西北西の空の三日月です。昨日は旧暦3月5日ですから,狭義での三日月とは言えませんが,広義では上弦までの月のことを三日月とも言うようですから,三日月でもかまわないかと思います。

昨日の月の入りは午後10時49分でしたから,月の入り前です。濃い黄色を帯びた月の色がとてもきれいでした。

d0006690_11463897.jpg上の写真はフラッシュを使用しています。理由は良く分かりませんが,フラッシュを使用すると月の陰翳がよく撮れることを経験として知っていました。

こちらは手振れの失敗写真です。駅からの帰り道,午後9時の気温5.2度,体感温度はー0.2度でした。寒さのなか急いで撮りましたから,最初はフラッシュを忘れました。

帰宅してパソコンに取り込んでみて,写真としては「手振れ=×」ですが,意外なことに気付きました。月の影の部分がよくわかります。

それできちんと撮り直そうと,外に出ましたが,生憎のことに月はすでに雲の中でした。きょう再挑戦を,と思いましたが,今夜の月の南中は午後4時時30分,まだ月は見えません。月の入りは午後11時40分ですから,午後9時すぎなら南南西方向に見られると,期待しましたが,今夜は一面の雲ですから,諦めました。いつの日にか,きっと。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-04-05 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20543174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2014-04-06 13:45 x
高性能フラッシュで光源が月まで届いたのですかネ?
セオリーを解明して、ネイチャー誌に発表してください。
Commented by gakis-room at 2014-04-06 15:26
高麗山さん,
実権ノートがありませんから,投稿はどうも,ハイ。

私には理屈は分かりませんが,
デジカメの場合,月の撮影は露出のオート設定によって露出オーバーになるところが,
フラッシュによってアンダーになるんだとか。


<< 大気汚染測定値の怪      惜しくも5位で終わる,男子・世... >>